上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんわ。今日は雨ですね。なんだかジメジメとした気分になってしまいます。こんな日には太宰治がピッタリです。

 そんな訳で今回の書評もどきは太宰治の人間失格です。これはいろんな人に読み継がれている名作なんで説明は不要です。


『人間失格』 太宰治 1990年11月25日 
〈あらすじ〉


 自伝的手記を書いた27歳のモルヒネ中毒者。少年時代は道化としての優等生を演じ、その後に俳人同様の生活を送る。人間に対する恐怖と不信その狭間で愛情と信頼とに引き裂かれて生きる人間像。デカダンスなムードの漂う文体で語る。

〈登場人物の紹介〉 
 大庭葉蔵
 自伝的手記を書いた27歳のモルヒネ中毒者。自分の人生に対して道化の意識と罪の意識とを抱いて生きている。又は、生かされているというほうが適切かもしれない。

 渋田
 骨董商を営んでいる。葉蔵からは、ヒラメとあだ名をつけられる。葉蔵の後見人みたいな役割をしている。
堀木正雄
 画学生。インテリぶった生活を送っている。葉蔵の遊び友達。

 ヨシ子
 葉蔵が結婚した純粋な少女。

〈作品について〉 
 この作品は著者の自伝的小説ということで、主人公の言動は作者の心の投影という前提で書かしてもらうが、太宰治にとっての悲劇は、他の人間と違う心を持って生まれてきたことではなくて、自分の心の闇を明確に自覚して、周りとの違いに気付いて自己を決定付けてしまえるだけの繊細で聡い心と客観性を持っていたことだろう。
 
 これに付け加えると、彼はそれを受け入れるだけの強さというか、傲慢さが無かったわけである。現代の社会なら、太宰と似たような症状を持った人間は珍しくはない気がする。
というより、中学から高校にかけての、いわゆる青春時代には、誰しもが太宰と似たような想いを抱いたことがあるはずだ。 これは、自分は他人とは違う、特別な人間なんだと思いたい虚栄心から生まれてくるものなのだと思う。少なくとも、最近まで自分にはそういう気があった。
 
 太宰は、生まれたときから自分は人間失格だと思ってきたようなので、単なる虚栄心とはもちろん言えないが、彼が生涯子供じみた心を持っていたことは、彼の他の作品を読んでみれば分かると思う。そしてこの作品にも、そういう子供っぽさは感じられる。
作者の心中を無視して主人公の行動だけを見てみると、それはそのまんま子供のようである。たしかに彼の心には闇があったのだろうが、その根っこにあるものはやはり子供心なのだろう。そして、それを余すことなく書ききるだけの才能を彼は持っていたわけである。

 あとこのブログは一応競馬ブログなので、G2阪神Cの予想でも
いまのところの注目馬はコートマスターピースです。
 この馬はわざわざ海外から来て、マイルCSとこの阪神Cの両方を視野にいれた遠征だったわけですし、騎手も2週連続重賞を制覇しているペリエです。ここは複勝圏ははずさないのではないかと思ってます。

 文責ナカモ

にほんブログ村 競馬ブログへワンクリックお願いします!



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oomiti.blog81.fc2.com/tb.php/66-00dc588a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。