FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.21 菊花賞展望
さぁついに牡馬クラッシクの最後を飾る菊花賞が開催されます。ちなみに昨日の富士Sはブログ記事とは違いますが、マイネルシーガルのほうを軸にして買いました。結果はマイケルバローズ抜けでまたも取り逃がし。今日はこんなことが無いように頑張りますよ!
 ダービー馬不在で混戦ムードの菊花賞。今年最大の上がり馬ロックドゥカンブが一番人気に推されています。確かに南半球生まれというハンデを感じさせない強さで、ここまで無敗で重賞2勝。さらに前走負かした相手はダービー6着馬(今回人気のドリームジャーニーと0,1秒差)と春の実力馬と比べても遜色ない走りを見せてくれました。しかしやはりまだ3歳になって間もなく、3000mという距離はほかと比べても過酷なような気もします。
 サンツェッペリンに期待します。今年の春は距離不安を囁かれながらも、皐月賞2着、ダービー4着と世代トップクラスの成績を残してきました。かねてより主戦も『皐月賞よりダービー、ダービーより菊花賞』と話してましたし、ここまでの成績を残されてはもう距離不安なんて言えません。格から言ってこの馬が最上位であると思います。前走は見せ場無く大敗しましたが、もともと休み明けは走らないタイプですから一変が期待できると思います。実際皐月賞もそうでした。今回は逃げ馬が揃ったことだけが不安ですが、実力を発揮できれば並み居る良血を打ち倒し世代のトップに立ってくれるでしょう。来週から騎乗停止の鞍上もクラシック初制覇を賭けて渾身の騎乗をみせてくれるはずです。
 相手本線は前述のロックドゥカンブと血統、騎手が魅力的なホクトスルタン。あとは多頭出しは人気薄を狙えと言う事でデュオトーン、前走、古馬相手に大奮闘のアルナスライン、前走で新味を見せてくれたアサクサキングスなど。ドリームジャーニーは悩みます。切ればきそうだし…。今回は前回、前々回のようなことがないように手広く抑えていきたいと思います。

文責P直

にほんブログ村 競馬ブログへワンクリック
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oomiti.blog81.fc2.com/tb.php/132-f09d7e03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。